スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  久しぶりにランキング復活してみました!
  にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
  ポチっとお願いします☆

噛まれたこと

書こうか書かないか。
迷ったのだけど。
このブログは、はやてのことを記録するためのもの。
だからやっぱり書こうと思う。


昨日はやては噛まれました。
ですが、目に見える怪我も見当たりません。



はやてのガウガウのことがあり、しばらく行かずにいたドッグラン。
考えた挙句、連れて行って様子を見ることに。
見ているとガウガウする時、はやてと仲良しさんの相手であればあるほど興奮し。
ガウガウしてしまう。
それ以外は特別嫌なことをされなければ、今のところ大丈夫だった。

だから、連れて行こうって。
そう思いつれてった。


ドッグランに入ってみると、パッと見小さいワンコばかり。
中型犬もいたけれど、大きさは小さい。
奥の方を見ると、小さな子供さんを連れている方がいた。
飼い主さんとその子供、おじいちゃんとおばあちゃんと思われる方。
4人で来ている感じだった。
その方が連れてきていたワンコさんは2匹。
ワンコA・Bとでもしておきますか。

まず最初にその方のところに挨拶に行くことに。
もしそっちの方に走って行ってしまい、かすりでもしたら。
怪我をさせてしまう恐れがある。
もちろん行かせないように注意はするけれど、先にお伝えしておこうと。
危ないのでリードをつけたまま飼い主さんのもとへ。

飼い主さんによると、ドッグランにはきなれているから大丈夫。とのこと。
ただやはり不安なので、もし行ってしまったら抱き上げてくださいとお願いした。

その間中、ワンコAの子がずっと吠えてた。
飼い主さんによると怖がりさんなんだそう。
特別捕まえるでもなく、何かをするでもなく。
こっそりとはやてのうしろからワンコAの子がくんくんしてた。
だから大丈夫な子なんだと、こちらも判断し。
さらに飼い主さんとお話をしていた。
そのままワンコの話へ。
ワンコAの子は、走るのが好きで。
ボーダーコリーも好きなんだそう。

そんな話をしていた時。
前触れはあったのかな?
何も気づかなかった。
ワンコBの子が、いきなり走ってきてはやての首元に噛みついた。

はやても興奮しガウガウと。
ドッグランに来たのに離してもらえず、ずっと座らされていてイライラもしてるだろう。
危ないと判断。
リードは短く持っていたので、首輪は簡単につかめた。
が、まだガウガウしてる。
大きな声で怒った。
はやてはやめてくれた。
でも、ワンコBの子はその後も噛みつきに来てた。
飼い主さん、それでもまだ自分のワンコを捕まえれず。
やっと捕まえれた時には、私は数回怒鳴っていた。
はやては興奮しつつもしゅんとしてた。
ごめん。

おじいちゃんとおばあちゃんと思われる方が、ワンコBのことを離れたとこに連れてった。
そこで立ち去るべきだった。
その後も飼い主さんとお話をした。
最近のはやてはガウガウされると、ガウガウしかえすようになったこと。
そんな話をしてた。

その時、ふと見ると遠くに連れていかれていたワンコB。
少し離れたからいいと思ったのだろうか。
すでに離されていた。
次の瞬間、まっすぐはやてのところに向かって走ってきた。
どうしていいかわからず。
とにかくはやての首輪をつかんだ。

が、また首元を噛まれた。
はやては首輪をつかまれてる。
次に噛もうとしても、首元には届かないっぽかった。
そうしたら体のあちこち、足まで狙ってきてた。
このまま抑えている方が危ない。
この判断も間違いだったのだと思う。

首輪を放した。

当たり前のようにはやてはワンコBにガウガウと。
一度目の時もそうだけど、はやては噛んではいなかった。
でも、これは間違いだったと思う。
離してはいけなかった。

そこでようやくワンコBの飼い主さん、慌てた。
自分の犬がかまれると思ったのだろう。
必死になりワンコBを捕まえようとした。
時間はかかったものの、ようやくつかまり。
その時点で飼い主さん、かなりいらついてた。
その間中ずっと吠えてたワンコAの子にもどなり散らしてた。
可哀想に。

さすがにその飼い主さんとはこれ以上話をする気もなく。
別れた。

リードでつながれているから、余計に怖かったのだと思う。
まわりは誰もいなかったから、リードを放してあげた。
いつもならすっ飛んで走っていくのに。
こんなこと初めてだった。

そばから離れず、人の顔をじっと見てた。
私が歩きだしたら、そばにいながらも歩いてくれた。
心配だったけど、他のワンコさんに少しだけご挨拶もできてた。
でもいつもならたいていするであろうこと。
いろんな飼い主さんへは近づかず。
明らかに様子もおかしく。

唯一、はやても大好きな飼い主さんにだけは甘えることができナデナデしてもらえてた。
その後はいつものはやてとは違い、他の子にちょっかいをほとんどかけれず。

はやても落ち着いてきた。
そんなとき、さっきの飼い主さんが大丈夫だったかと尋ねにきた。
もう関わり合いたくもなく、凹んでるようだけどけがはないから大丈夫とだけ答えた。
そこで初めて飼い主さんが言った。
大型犬が苦手な子なんだそうだ。
(ちなみにはやては中型犬なんだけど…。あなたの子と一緒よw)
ご挨拶をしに行った時には、一言もそんなことは言わず。
せめて言ってほしかった。

そんなこともあり、はやてもその場にいることが苦痛そうだったので。
落ち着きも取り戻せてきたから帰ることにした。
はやては早く帰ろうって。
何にも走ったり遊んだりしてないのにね。
これも初めて。

本当にごめんね。

その後いつものお散歩公園に行くも、やっぱり元気がない。
お家に帰ると、ずっと寝てた。
夕方のお散歩。
随分と元気になった。
一緒に走ったし、笑顔も見せてくれた。
ただ、家に帰ってくると、すごくべったりと甘えてきた。

一晩寝て、今日。
いつものはやてだった。
お散歩中、他のワンコさんにも出会った。
私は怖くて近寄らせたくなくて。
でも、はやては挨拶したいって。
挨拶もちゃんとできた。
良かった。



だーをちょっと遠くの駅までお迎えに行き、その帰り道この話をした。
黙って聞いてた。
滅多に怒ることない人なのに。
怒ってた。
一番怒っていたのは、ちゃんと守ってあげれなかったこと。
何が何でもはやてのことを守るべきだったんじゃないかと。
一度目ならともかく、二度目の時には相手の犬を蹴り飛ばしてでも守るべきだと。
・・・さすがにできません・・・とは言ったけれど。
でもね、それくらいの気持ちで守れってことが言いたかったんだと思う。

もう一つ。
相手の飼い主さんには怒ったのかと。
・・・何もしてません。

もう一つ。
目に見える怪我は今のところはない。
だからといって、連絡先くらいは聞いたのか?と。
ワクチンや狂犬病のはちゃんとしてるのか確認はしたのか?と。
全く・・・。

怒られました。
その通りだね。
何もしてない。
ただおろおろして。
何もできず。
結局はやては自分で自分のことを守っただけ。
どうしていいのかわからなくて、はやてを声で止めるしかできなかった。
相手のワンコは中型犬といえども小さい。
それならはやてを抱っこしてあげれば良かった。
はやてに怖い思いさせてしまった。
守ってあげること、何もできなかった。
はやてがうちに来たとき、絶対に何があってもこの子を守るって。
そう誓ったのに。
はやてのことどうやって守ってあげればいいのか。
わからなかった。
はやてが噛まれないように、抱っこしたり自分の体で守ってあげれば良かった。
できなかった。
本当に情けない。
本当に本当にごめんね。

はやては大丈夫そうだけれども。
私は怖いです。
知らない犬が怖くてたまりません。
しばらくはドッグランにも連れて行ってはあげれないし。
一緒に遊ばせてあげれないかもしれない。
ごめんね。
でもね、相変わらずワンコは大好きです。
  久しぶりにランキング復活してみました!
  にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
  ポチっとお願いします☆

Comment

大変でしたね

こんにちは。こちらでは、初めましてですね。

はやてくん、大変でしたね。

私の良く行く公園にも実は、とても凶暴な子がいて、
リードを放してしまうのでうちの子以外の子は
大抵被害にあっています。
(うちの子は、すぐ避難したり、お腹を見せるし何故か
うちの子にだけ飼い主さんが気を使ってくれているので^^;)

男の子は、こういったとき喧嘩になってしまうのが怖いですね。

大きな子が苦手という子はやっぱりいるようですが、
だからといって噛みついてくるのは、やっぱり躾けに問題が
ありますよね。せめて無視できるようでなければ、
ドックランに連れてきてはいけないように思います。

はやてくんが、ガウガウしちゃったのは仕方がないことだと
思います。大きい子だって、突然噛まれれば怖いモノね。

襲われたときはお腹を蹴り上げるのが一番とのことですが
よほどの時でない限りはできませんよね。

犬もそうですが、飼い主だってこういったことがあれば怖い。
とっさのことですから、色々聞くよりも早くはなれたいっという
思いが大きいでしょうし、仕方がないですよね。

私も、何かあったときのために心にとめておきたいと思います。

はやてくん、ワンコが苦手にならなくて良かったです。

落ち着いたら、一緒にどこかへ遊びに行きましょう(^^*

うちの子は女の子ですし、大きい子も大丈夫ですので^^
ドックランじゃなくても大丈夫ですよ。

ガウガウ。

はやて君、怖かっただろうね。
はちみつさんの気持ちも、痛いほど分かります。

サスケも、最近だいぶ落ち着いてきたとはいえ、ガウガウされるとガウガウし返しちゃうし、弱いくせに喧嘩は買ってしまうタイプ。
だから、今回のはやて君みたいな体験は、経験してます。

小さめのワンコを飼ってる人たちって、体の大きさに安心して、目を離すことに対して、あまり抵抗がない人が多いような気がします。
(もちろん、ちゃんとしてる方たちもいますが。)
でも、好戦的にガウガウしてきたり、いきなり噛み付いたりするのって、案外小さなコが多いですよね。
で、いざ、戦闘に入ったとき、小さなコ側が、なんだか被害者っぽい空気になったりして。

今回のはやて君だって、ワンコBがガウガウ噛み付いてこなかったらなんでもなかったはずなのに。
一度、自分のワンコが、よそのコに向かって歯を立ててるのに気づいたら、目を離さない、リードもしばらく離さない、そんな配慮って、必要だと思います。

だから、ワタシはやっぱり、ワンコBの飼い主さん側に問題があったんだろうと思います。
はやて君、ガウガウされて、かみかみされて怖かったけど、それよりきっと、はちみつさんに叱られたこと、で、しょんぼりしちゃったんじゃないかな。
はやて君は、悪くないもんね!

それにはちみつさんも、そんなに自分を責めないでください。
犬同士がガウガウやってる間に入ることって、本当に難しいと思います。
その興奮してる状態で手を出すのも危険だし、怖いと思うのは当然ですもん。
ワタシ自身も、サスケが他のワンコさんと喧嘩になったときは、オロオロしちゃって、助けることなんてできないことばっかりです。
でも、それが「守ってあげられなかった」ってことになるなんて、そんなことないです。
気持ちはきっと、はやて君には通じてると思います!

元気出してくださいね。
優しいはちみつさんのキラキラな笑顔が、はやて君の元気の源です☆


長くなっちゃって、ゴメンナサイ・・・。

no_title

私がその状況に居たらたぶん同じかも…
相手のオーナー様の連絡先とか相手方のワンコの状況を聞くとか
そこまで頭回らないと思う。

自分が怖いって思ってる内は
馴れ合いのワンコのみで遊ぶとか
旦那様と一緒にランに行くと安心かもですね

はちみつさんの気持ちははやて君に伝わってると思いますよ!
こういう時こそ「笑顔のゲンキ」♪

はやて君に何もなくて良かったです!

no_title

んん。。ドッグランは入場する時、名前を記入しますけど、一度出たら、
連絡先は教えないでしょうかね?犬同士のトラブルは飼い主様同士で解決して下さいって所が一般的ですが、一人で突然の事態では、相手の事を気遣うあまり、なかなかスムーズに対処できませんものね。
こういう場合、たいてい体の大きな方がなんとなく悪く言われるんですよね。でもはやてくんの場合は違うわね。相手の飼い主様、もうちょうっと配慮があってもいいですよねぇ。。例えば後からでも連絡先を聞かれる前に申し出るとか。お互いにむちゃな言いがかりなんてしたくない訳だし、家族で来て誰も気付かないなんて。。
しばらく用心して、知り合いワンコ仲間でこの重たい気分を癒さなければ!はやてくんにも気付かれてしまいますもんね。元気だしてくださいね。v-22

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

naokoさん

こちらでは初めましてです。
コメントありがとうございます。

今までは噛まれそうになっても、リードをつけていないこともあり逃げれていて。
たいていの場合は噛もうとしているというよりも、ガウ!と怒られるだけでした。
今までも数回噛まれそうになってましたが。
無事に来れていました。

凶暴な子の飼い主さん・・・
できれば他の子すべてに気をつかってあげてほしいものですね。
でも避難もでき、おなかも見せれて。
怪我がなくて良かったです。

今でも男の子のワンコさん好きですが。
一度私についてしまった怖さは・・・
時間がかかりそうです。

はやては元気いっぱい。
他のワンコさんと遊ぼうよ!と誘えていましたので。
きっともう大丈夫だと思います。

ただ、私がどう対処すればいいのかがわからないので。
それをしっかりと覚えてから。
それからまた知ってるワンコさんから遊ばせてあげようと思います。

はやては女の子で小さな子。
大好きです☆
落ち着いたら是非遊んでください!

asu@サス家さん

基本はやても弱いです。
ガウガウしあってる時にほっといても、結局はやてがごめんなさいとしてます。
そのため、あまりにも興奮しすぎている時以外はまかせるようにしてました。

小さいワンコさん、怖がりさんが多いからなのでしょうか?
確かに急に大きなワンコさんが現れたら怖いのかな?とも思いますし。
飼い主さん側も、大きなワンコさんと遊ぶ機会も少なく。
そのこともあり人も大きな子を怖がれば、当たり前のように飼われているワンコも怖がる子になるのかな?などなど。
勝手に思っていました。

それでもはやては小さなワンコさん大好きで、小さい頃から一緒に遊んでもらい。
いい環境で育つことができたと思います。

はやても超大型犬は、あまり触れ合う機会もなく。
怖いみたいです。
遠巻きに見てますから。
きっとそういう子多いのでしょうね。

はやてくん・・・私には怒られることありますが。
元々は繊細な部分もありますから。
ここまで怒られたのはないという感じでしたので。
はやてを凹ませたのは私かもしれません。
最近やけに甘えるのも、それが原因かしら・・・。

確かに私が泣いてると、どしたの~?ときてペロペロと。
してくれます。
くさいです。
でも笑っている時の方が、安心してくれますね。

元気、随分と出てきました。
ありがとうございます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

シフォルさん

もっと冷静に。
それが一番大切ですね。
全くダメでした。
パニックになり、どうにかしてはやてを止めなくちゃ。
それしかなく。
ダメでした。
反省ばかりです。

本当は今日と明日、ドッグランに行く予定だったのですが。
怖くてお留守番です。
落ち着いたら、知ってるワンコさんに遊んでくださいとお願いしてみます。

怖がってるのははやてではなく、私・・・ですから(笑)

笑顔のゲンキ。
ですね。

でも本当に、はやてくんが怪我せずにすんで。
他のワンコも怖がるようにもならず。
それだけは良かったです。

minitowaさん

私がいつも行くドッグラン、無料のところで管理はされていないところなんです。
一番近く、はやても慣れていることもあり。
連れて行きやすい場所でした。
時々有料のランにも連れて行きますが、慣れていないということもあり。
呼んでも全く来ないです。
まだそこではあまり練習していないので。
もっともっと頑張らねばです。

しばらくは遊んでもらうとしたら、知っている方だけにしてみます。
私のビビリ。
相当なものなので。

コメントありがとうございます

その時は私がパニックで思い出さなかったのですが。
冷静になってみると、前にも一度噛まれそうになっていた子でした。
その時は、リードもついていなく、すぐに逃げれて。
ガウガウなんてできない頃でしたので。
何事もなく終わっていました。
そういう子、もっともっとしっかりと覚えておかなければと。
そんな大事なことを忘れてしまっていたこと、それも反省です。

今、はやてを噛んだ子、嫌いです。
でも、その子も可哀想です。
その子も噛むことしかできなかったのだから。
そう思います。

飼い主さんはその直後も離していたことから、噛むことについてやその子の状態をあまり気にしていないのかな?と思いました。
二度と関わらないように。
それだけです。

しょっちゅう、「この犬噛みますか?」と聞かれます。
そんなにうちの子噛むようにみえるのかな?と思ったりもしますが。
噛まないようには教えているけれど、犬だから噛まないとは言い切れない。
嫌なことをされたら、やっぱり嫌だから怒って噛むかもしれない。
聞かれたら、そう答えてます。
その言葉を聞かされると、触ってくる人はいませんけれど。
でも、そう聞いてくる時点で、少し怖いと思っている。
そのことをはやても感じ取っているだろうから。
お互い少しでも無理をするのなら、今はやめておこう。
そう思ってます。

話はそれてしまいましたが。

「冷静に」。
全くできませんでした。
ただただパニックになり。

一度目はずっと抑えていましたが、二度目の時は足まで噛まれたらさすがに・・・と思い。
離してしまい。
どちらの方が良かったのかがわかりません。

私ははやてが本気の喧嘩に見える喧嘩をしているのを見たことがありません。
あっ!怒ってる!!くらいの感じで終わってました。
今回のはやてはそんな感じでした。

はやてくん、私に怒られた時。
確かにしょんぼりしてました。
反省してます。
時々私に怒られるのですが・・・やっぱりしょんぼりしてしまいます。
怒る暇があるなら、褒めてあげること・・・
難しいです。
はやてを凹ませてしょんぼりさせてしまったのは・・・私ですね。

今まで自分の犬さえちゃんと見ていれば、大丈夫。
そう思い込んでいました。
駄目ですね。

コメントありがとうございます。

はやては・・・悪くなかったです。
私の対処の仕方と、もっと注意しているべきだったこと。
そこだと思います。

ワンコA・Bだけでわかってしまいましたか??
ブログはすべての方が見れるので、ワンコA・Bとしましたが。
この子たちの飼い主さんは、同じ方かな?と思いますが。
ただ複数で来ていたので詳しくはわかりませんが。

でも、もし同じ子であるならば・・・。
その子に何度も噛まれているだなんて。
心配です。
お尻まで狙うのですね。
高さが低い分、足を噛まれないこと。
本当に怖いです。

私もいつまでも凹んでいてはいけませんね。
前向きに!
今でもワンコは大好きですから。
怖がっていたら、ワンコにも伝わってしまいますしね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントありがとうございます

今回は、飼い主さんもなんとか止めようとしてくれただけ良かったということですね。
はやても痛くはなかったようですし。
その点だけは良かったです。

あとはこちらの対応。
ダメダメでした。

もちろん、この二人だと安心です!
すごくうれしいです。
どうもはやてよりも私のびびりが・・・(笑)

よろしくお願いします!

そうでしたかぁ

はやてくんもはちみつさんも、かわいそうでしたね。

以前、お話したかもしれませんが、
実家のイヌを散歩中、ノーリードのイヌに突然咬まれたとき、
僕はモーレツに怒りました。飼い主を。

イヌを蹴り飛ばす。
なかなかできることではありません。
気持ち的に。
2頭の間にアシを割り込ませて、引き剥がすことはしましたが、
蹴り飛ばすことはできませんでした。
その相手は大型犬でしたが、それでもためらいます。
まして小さめのイヌなら、とても蹴り飛ばす気にはなれませんね。
悪いのはやはりカイヌシですしね。

今回のケース。
これ以上、どうしようもなかった気がします。
それこそダッコくらいでしょうか。
でも、はやてくんの大きさを考えると、はちみつさんがダッコしても、
シッポを咬まれる可能性もありそうですよね。

もちろん前兆を見逃さないことが大事なのかもしれませんが、
初めて会うイヌの行動を予測するのはむずかしいですし、
やはり相手のカイヌシが自分のイヌの動きをしっかり見極めて、
事前にコントロールする必要があったんだと思います。
ドッグランは全てから開放される場所ではありませんからね。
リードはなくても、カイヌシはしっかりイヌをコントロールする必要があると思います。

う~ん。僕だったらと置き換えると、
2回目向かってこられたときに、
間に入ることはできるかもしれませんが、
やはり女性が入るのはちょっと危ない気がします。

マナーの守れる飼い主が増えることを、祈るだけですね。

ほんと、大変でしたね。
早く元の元気な毎日が戻りますように。

がぶつかいさん

私はある意味注意が足りなかっただけです。
ただただはやてに嫌な思いさせてしまい。

私は何も相手の人には言えず。
ということもあり、相手の人も何も思っていない様子で。
後悔してます。
はやてが安心して頼れるような飼い主にならねばです。

おそらくだーが一緒にいたなら、蹴り飛ばしているのだと思います。
他の犬は、「犬」で、はやては「家族」なのだと説明されました。

もっと冷静に見れていれば、はやては噛んでいないことはわかっていることで。
別の対応ができたのだとおもいます。

相手の飼い主には、何も期待はしていません。
というよりも、絶対に少しも期待してはいけないと思いました。
その思いもあったのだと思います。

はやてはすっかり元気です。

管理者だけに表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。