スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  久しぶりにランキング復活してみました!
  にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
  ポチっとお願いします☆

噛まれたこと

書こうか書かないか。
迷ったのだけど。
このブログは、はやてのことを記録するためのもの。
だからやっぱり書こうと思う。


昨日はやては噛まれました。
ですが、目に見える怪我も見当たりません。



はやてのガウガウのことがあり、しばらく行かずにいたドッグラン。
考えた挙句、連れて行って様子を見ることに。
見ているとガウガウする時、はやてと仲良しさんの相手であればあるほど興奮し。
ガウガウしてしまう。
それ以外は特別嫌なことをされなければ、今のところ大丈夫だった。

だから、連れて行こうって。
そう思いつれてった。


ドッグランに入ってみると、パッと見小さいワンコばかり。
中型犬もいたけれど、大きさは小さい。
奥の方を見ると、小さな子供さんを連れている方がいた。
飼い主さんとその子供、おじいちゃんとおばあちゃんと思われる方。
4人で来ている感じだった。
その方が連れてきていたワンコさんは2匹。
ワンコA・Bとでもしておきますか。

まず最初にその方のところに挨拶に行くことに。
もしそっちの方に走って行ってしまい、かすりでもしたら。
怪我をさせてしまう恐れがある。
もちろん行かせないように注意はするけれど、先にお伝えしておこうと。
危ないのでリードをつけたまま飼い主さんのもとへ。

飼い主さんによると、ドッグランにはきなれているから大丈夫。とのこと。
ただやはり不安なので、もし行ってしまったら抱き上げてくださいとお願いした。

その間中、ワンコAの子がずっと吠えてた。
飼い主さんによると怖がりさんなんだそう。
特別捕まえるでもなく、何かをするでもなく。
こっそりとはやてのうしろからワンコAの子がくんくんしてた。
だから大丈夫な子なんだと、こちらも判断し。
さらに飼い主さんとお話をしていた。
そのままワンコの話へ。
ワンコAの子は、走るのが好きで。
ボーダーコリーも好きなんだそう。

そんな話をしていた時。
前触れはあったのかな?
何も気づかなかった。
ワンコBの子が、いきなり走ってきてはやての首元に噛みついた。

はやても興奮しガウガウと。
ドッグランに来たのに離してもらえず、ずっと座らされていてイライラもしてるだろう。
危ないと判断。
リードは短く持っていたので、首輪は簡単につかめた。
が、まだガウガウしてる。
大きな声で怒った。
はやてはやめてくれた。
でも、ワンコBの子はその後も噛みつきに来てた。
飼い主さん、それでもまだ自分のワンコを捕まえれず。
やっと捕まえれた時には、私は数回怒鳴っていた。
はやては興奮しつつもしゅんとしてた。
ごめん。

おじいちゃんとおばあちゃんと思われる方が、ワンコBのことを離れたとこに連れてった。
そこで立ち去るべきだった。
その後も飼い主さんとお話をした。
最近のはやてはガウガウされると、ガウガウしかえすようになったこと。
そんな話をしてた。

その時、ふと見ると遠くに連れていかれていたワンコB。
少し離れたからいいと思ったのだろうか。
すでに離されていた。
次の瞬間、まっすぐはやてのところに向かって走ってきた。
どうしていいかわからず。
とにかくはやての首輪をつかんだ。

が、また首元を噛まれた。
はやては首輪をつかまれてる。
次に噛もうとしても、首元には届かないっぽかった。
そうしたら体のあちこち、足まで狙ってきてた。
このまま抑えている方が危ない。
この判断も間違いだったのだと思う。

首輪を放した。

当たり前のようにはやてはワンコBにガウガウと。
一度目の時もそうだけど、はやては噛んではいなかった。
でも、これは間違いだったと思う。
離してはいけなかった。

そこでようやくワンコBの飼い主さん、慌てた。
自分の犬がかまれると思ったのだろう。
必死になりワンコBを捕まえようとした。
時間はかかったものの、ようやくつかまり。
その時点で飼い主さん、かなりいらついてた。
その間中ずっと吠えてたワンコAの子にもどなり散らしてた。
可哀想に。

さすがにその飼い主さんとはこれ以上話をする気もなく。
別れた。

リードでつながれているから、余計に怖かったのだと思う。
まわりは誰もいなかったから、リードを放してあげた。
いつもならすっ飛んで走っていくのに。
こんなこと初めてだった。

そばから離れず、人の顔をじっと見てた。
私が歩きだしたら、そばにいながらも歩いてくれた。
心配だったけど、他のワンコさんに少しだけご挨拶もできてた。
でもいつもならたいていするであろうこと。
いろんな飼い主さんへは近づかず。
明らかに様子もおかしく。

唯一、はやても大好きな飼い主さんにだけは甘えることができナデナデしてもらえてた。
その後はいつものはやてとは違い、他の子にちょっかいをほとんどかけれず。

はやても落ち着いてきた。
そんなとき、さっきの飼い主さんが大丈夫だったかと尋ねにきた。
もう関わり合いたくもなく、凹んでるようだけどけがはないから大丈夫とだけ答えた。
そこで初めて飼い主さんが言った。
大型犬が苦手な子なんだそうだ。
(ちなみにはやては中型犬なんだけど…。あなたの子と一緒よw)
ご挨拶をしに行った時には、一言もそんなことは言わず。
せめて言ってほしかった。

そんなこともあり、はやてもその場にいることが苦痛そうだったので。
落ち着きも取り戻せてきたから帰ることにした。
はやては早く帰ろうって。
何にも走ったり遊んだりしてないのにね。
これも初めて。

本当にごめんね。

その後いつものお散歩公園に行くも、やっぱり元気がない。
お家に帰ると、ずっと寝てた。
夕方のお散歩。
随分と元気になった。
一緒に走ったし、笑顔も見せてくれた。
ただ、家に帰ってくると、すごくべったりと甘えてきた。

一晩寝て、今日。
いつものはやてだった。
お散歩中、他のワンコさんにも出会った。
私は怖くて近寄らせたくなくて。
でも、はやては挨拶したいって。
挨拶もちゃんとできた。
良かった。



だーをちょっと遠くの駅までお迎えに行き、その帰り道この話をした。
黙って聞いてた。
滅多に怒ることない人なのに。
怒ってた。
一番怒っていたのは、ちゃんと守ってあげれなかったこと。
何が何でもはやてのことを守るべきだったんじゃないかと。
一度目ならともかく、二度目の時には相手の犬を蹴り飛ばしてでも守るべきだと。
・・・さすがにできません・・・とは言ったけれど。
でもね、それくらいの気持ちで守れってことが言いたかったんだと思う。

もう一つ。
相手の飼い主さんには怒ったのかと。
・・・何もしてません。

もう一つ。
目に見える怪我は今のところはない。
だからといって、連絡先くらいは聞いたのか?と。
ワクチンや狂犬病のはちゃんとしてるのか確認はしたのか?と。
全く・・・。

怒られました。
その通りだね。
何もしてない。
ただおろおろして。
何もできず。
結局はやては自分で自分のことを守っただけ。
どうしていいのかわからなくて、はやてを声で止めるしかできなかった。
相手のワンコは中型犬といえども小さい。
それならはやてを抱っこしてあげれば良かった。
はやてに怖い思いさせてしまった。
守ってあげること、何もできなかった。
はやてがうちに来たとき、絶対に何があってもこの子を守るって。
そう誓ったのに。
はやてのことどうやって守ってあげればいいのか。
わからなかった。
はやてが噛まれないように、抱っこしたり自分の体で守ってあげれば良かった。
できなかった。
本当に情けない。
本当に本当にごめんね。

はやては大丈夫そうだけれども。
私は怖いです。
知らない犬が怖くてたまりません。
しばらくはドッグランにも連れて行ってはあげれないし。
一緒に遊ばせてあげれないかもしれない。
ごめんね。
でもね、相変わらずワンコは大好きです。
スポンサーサイト
  久しぶりにランキング復活してみました!
  にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
  ポチっとお願いします☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。